タバコと老化

  • アンチエイジングについて考えるならば、老化とタバコについてもしっかりと踏まえておきたいものです。
  • タバコを吸うと老け顔になってしまう、というような話もあって、アンチエイジングについて考えるのならばタバコの存在について今一度考え直す必要があるかもしれません。
  •  
  • タバコを吸うと老けてしまう理由について考えてみると、そのひとつがタバコの煙には数千種類といった化学物質が含まれているのです。
  • その煙をダイレクトに吸ってしまうということで、これが身体に良いわけはないのです。
  • 中には、体内で細胞を老いさせてしまうような成分もあるのではないでしょうか。
  •  
  • そして、老化には活性酸素が大きくかかわっているといわれておりますが、その活性酸素を増大させてしまうものこそがタバコなのです。
  •  
  • タバコを吸うと、活性酸素が体内で活発になってしまい、その意味からも発がん性物質が増えます。 老け顔を作るだけではなく、終いにはがんを患ってしまう可能性も高めてしまいますので、タバコの扱いにはいっそう注意する必要があるでしょう。
  •  
  • アンチエイジングを心がけているといってタバコを吸っているようでは、本気でアンチエイジングに取り組む気があるのか疑問である、ということになってしまいかねません。 アンチエイジングを考えている人の中にはタバコを吸っている人もいらっしゃるかと思われますので、そのタバコを止めるか継続するか、今一度考え直してみてもよいのではないでしょうか。