ストレスと老化

  • アンチエイジングについて考えるならば、ストレスと老化の関連性についても知らなければならないでしょう。
  •  
  • そもそも老いとは何なのかと考えてみると、細胞が活性酸素に攻撃されてしまうことによって、著しく身体は老いていってしまいます。
  • そのため、こちらの活性酸素の発生をどれだけ効率的に抑えられるかというのがアンチエイジングになっております。
  •  
  • そして、活性酸素と密接な関係があるのがストレスの存在で、例えば睡眠不足が続いて身体の中にストレスが溜まってくると、活性酸素が増えてしまいます。 また、過激なスポーツもストレスのもとになりますので、体内の活性酸素を増やしてしまう原因になります。
  •  
  • ストレスが活性酸素を呼んでしまう仕組みについて考えてみると、ストレスを受けることによって、副腎皮質ホルモンという成分が分泌されます。 そして、こちらのホルモンを分解する過程で活性酸素が作り出されてしまうのです。
  • また、ストレスを解消するためにはビタミンが大量に消費されて、その中でも特にビタミンCの消費が著しいです。
  •  
  • そして、ビタミンCという成分は抗酸化ビタミンでもあって、こちらも老いに対して強い抵抗力を持っております。 そのため、ストレスの対処にビタミンが使われすぎると、ビタミンC本来が持っている抗酸化力を発揮できなくなってしまうのです。 それでなくともビタミンCは摂取が難しい成分になっていますので、このような意味からもストレスはアンチエイジングにとっては大敵なのです。